強制決済は元本以上の投資資金が発生しまった場合に発生する

外国為替証拠金取引や信用取引などは、何も無い状態から取引ができます。現物を持っている訳ではないので、これは架空の取引です。そのため、「ポジション」という言葉を使って取引を行います。架空ですが、売りも買いもできるので、利益が出た場合にはすぐに資産として形成されるのです。

ところが損失が発生した場合には、少しややこしいことに発展してしまうでしょう。
買いから入る場合、安く買って高く売ることで利益を得ます。しかしその一方で、思惑通りに価格が動くとは限りません。買った価格よりも安くなってしまう場合も考えられるでしょう。

その時は含み損ということで、証拠金から減らされていきます。証拠金は、現在保有しているポジションを維持することができる水準まで、用意されていないといけません。ところが含み損が膨らんでいくと、維持できなくなる場合もあるのです。

その水準が一定に達したところで、現在保有しているポジションは強制決済(約定)されることになります。もしそれが嫌であれば、マージンコールが発生する間に、証拠金を維持することができる水準にまで入金しなければなりません。最悪の場合は、現在発生している含み損を全て解消できる程度まで入金する必要があります。

これを行うことで、相場の急激な下落などに対応できるようにしているのです。
これは、投資家の資産がマイナスにならないようにする、最終的な防御と言えます。どの水準でマージンコールが発生するかは証券会社や取引会社によって変わってくるため、確認してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ