クロス取引を行えば節税効果や株主優待を狙うことが可能

信用取引を利用すると、優待制度が欲しいと考える株を損益なしで維持していくことが可能です。これをクロス取引と呼びます。通常は買いでしか入れませんが、信用取引を使うと、空売りを実現させることができるでしょう。

空売りとは、ポジションと呼ばれる取引を行ってから、未決済のまま所有している状況で株を保有していない状態で、売りから入るのが可能になることです。現物で買いを入れた後にすぐに空売りを仕掛けます。

これを行うと、どちらに価格が動いたとしても株主優待を損益を0にしたまま得られます。ただしこれをする投資家の増加は憂慮されるので、逆日歩という仕組みを採用しているのです。

これがある関係で、手数料が発生する可能性があります。手数料は1日ごとなので、これをする場合には無制限信用取引等を利用するのが望ましいとされているのです。

また投資家にとってみれば、節税効果を狙うこともできます。例えば、30万円の株を購入して50万円で売れば20万円の利益になり、これは所得税として納税をしなければいけません。ところが、空売りを行うと、利益が無いとして計算することができます。そのためこの方法を利用すれば、節税対策にもなると考えられているのです。

どのようにして取引するのかにもよりますが、この方法を利用する投資家は多く、株主優待やインカムゲインを狙う投資家であれば、この方法は非常に有利な戦い方です。様々な方法を使えば、投資を有利に進めることができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ