気配は投資家が買いたい売りたい値段のことを指している

投資の世界では、気配が集団心理を象徴させていると言われています。投資家がこの商品をどのような値段で買いたいか、あるいは売りたいかをにおわしているのです。すると相場はその強い方向に導かれるようにして、移動する習性があります。

これが気配と呼ばれるもので、季節のように目に見えて何か変化がある訳ではありませんが、どことなくそれを感じとってしまうのです。
この関係で、集団心理を読み取ることができると言われています。

大口の買い注文が入るときには、それがどの程度の大きさなのかを発表される場合があり、こと時その価格に近づくにつれて、攻防が発生するでしょう。もしその価格にまで近づいてしまったならば、大きく乱高下する可能性があるからです。

集団的な心理としては、その方向に近づかせることで得を感じるか損を感じるか、これが多い方向へ進むとされています。
そうした中で感じ取られることはとても多いです。例えば、ある時間nが以前の時間軸xに比べて、明らかに価格が変化したとします。

その時の価格軸をyとすると、xとyの関係性がnにおいてどのように左右されているかを判断するのにチャートを利用します。チャートは集団心理がどのように揺れ動いているかを表している、もっとも普遍的なものです。ここに全てが組み込まれているといっても過言ではありません。

気配の方向へ進む場合には、心理的に有利な方向へ進むことが多いでしょう。投資家の心理戦をそこで垣間見ることができるのです。投資家が買いたい、あるいは売りたい価格へじわじわとチャートは動いていきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ