権利処理は不当な利益を得ないように監視をすることを指す

信用取引では、証券金融会社から融資を受ける形で投資家は投資できます。買い建ての場合は現金を、売り建ての場合は該当する株を貸付することになるでしょう。空売りを行えるので、利益を出す幅が広がるわけです。

通常は株価が値上がりしている時でしか利益を出せませんが、空売りをすると安い価格からでも利益を出すことができます。
さて、信用取引において利益が発生した場合には、手数料などを証券金融会社に納めなければなりません。

その処理は投資家からすれば事務的なものになるので、あまり興味を示さないでしょう。それを良いことに、不当に利益を得ようとする可能性も考えられます。投資家にもしっかりと公平に利益が行き届くように監視することを、権利処理と呼び、これがあるおかげで、信用取引をよりスムーズに進められるのです。

普段からこの仕組みを利用している投資家であれば、権利処理がどの過程で行われているのかを心得ているでしょう。新株引受けの場合と配当の場合でこの処理が行われているのです。投資家にしっかりと利益や損益が分かるような形になるということを考えると、状況の理解を手助けしてくれます。

また、買い方なのか売り方なのかで権利処理価格を受け取るのか支払うのかが変わります。信用取引はお金や証券を借りることによって取引をしますし、そこには利子が発生します。そのややこしい計算などを投資家の代わりに証券会社が担当し、そこで不正がないように監視しているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ