時間外取引によってリスクを減らすことが可能となる

東京証券取引所では、午前9時から15時までの間しか取引できません。最近はグローバル化の波が早くなるにつれて、海外の動きが日本の市場に大きく影響を及ぼすことが多くなっています。市場開放時間外に海外で事件や事故、相場環境を一変させるような事例が発生した場合には、取引時間外では何もできません。

そして市場が開くと同時に売りが殺到し、相場は大パニックになってしまうでしょう。
これは投資家にとっては予期せぬ出来事ですから、自分の資産が減ってしまう可能性がある訳です。これは致命的になるので、時間外取引を行うことが可能となりました。

一般投資家のように、ある特定の企業の株を3分の1以上保有している人は、ほとんどいないでしょう。企業関係者や機関投資家など大量の株を保有している場合には、時間外取引で価格などを公表しながらの取引が可能となりました。

大量の株を保有しているということは、もし相場が大パニックになったならば、大きな損失を被る可能性があります。だからこそ、しっかりと自分の中で把握しておかないと大変なことになってしまうでしょう。上記でも説明しているように、一般投資家にとっては、あまり意味のない話になります。

大量の株を持っている投資家であれば大きな意味を持つことになりますが、該当する人はあまりいないでしょう。いち早く行動できるので、リスクを極力減らすことができます。そして損失もできるだけ少なくすることが可能です。この方法が確立されてからは、取引に関して良い連鎖が続いているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ