品貸料は逆日歩とも言われる手数料のことを指している

株はさまざまな方法で取引可能です。そのため、買い方や売り方によっては、色々な角度で物事を捉えるのが取引には重要な位置づけとなるでしょう。そこで考えられている方法が、信用取引です。

消費者金融からお金を借りるような感覚で、証券金融会社からお金を借りる方法ですので、お金の借り方を重点的に判断することにより、利益を出せるポイントなどが変わってきます。

信用取引の特に空売りに関しては、品貸料と呼ばれるものが徴収される場合があります。証券金融会社に対しての手数料のようなものだと考えると良いでしょう。手数料とは言っても、普段とはまた違った方法で発生するので、その点は把握しておかなければいけません。

1日単位で計算され、1株単位で品貸料は計算されていきます。1日1株あたり1円かかるとして、1000株保有していたら1日に1000円発生することになります。
この金額は案外無視できるほどの金額ではありません。だからこそ、信用取引をする場合には知っておく必要があるものです。

そしてそれを把握すれば、投資家は無駄な出費を抑えられます。投資家は資産を投ずることで利益を得ようと考えているにも関わらず、資産が減るような行為ばかりしていては無駄になってしまうでしょう。その部分を的確に判断していくことこそが、投資において重要です。

株にはさまざまな販売方法があり、投資家の選択の広さが露呈されている結果です。そこを自分の中でしっかりと感じ取ることにより、普段以上の行動を取ることが可能となるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ