品渡は信用取引における決済方法として選択することができる

投資家が投資をする場合には、あらゆる方法でリスクを回避していかなければなりません。リスク回避についてをどの程度まで許容できるかによって、リスクにたいして多くの確認するべき流れを知る必要があります。その中で、多くの人が行っているのがリスクマネジメントです。

どの程度までの損失を許せるかにより、流れを大きく変えられるようになるでしょう。そこで投資家が考えているのが信用取引です。
いつも通りの方法で普段通りの流れを取引において、継続させられるのかどうかとジャッジするのは難しいものです。

だからこそ通常通りの流れをそのまま続けることが必要になるでしょう。信用取引は、まさにそれができる、流れを引き寄せるのにもってこいの方法となる場合が多いのです。具体的には、資金が足りずに株を購入できない場合に、証券金融会社からお金を借りて運用をすることができます。

逆に証券を借りて売買を行うのも可能です。これは俗にいう空売りになります。空売りを行うと、株を持っていなくても借りることができるのです。それを売るのも何をするのも自由です。そこで、株を売らずに証券金融会社に渡して、それ相応の資金を得ることもできます。これを、品渡と言います。

投資家が会社に品を渡すという行為であるために、この呼び方をしています。
信用取引はさまざまな方法で取引できます。この点を自分の中でしっかりと認識できれば、普段はあまり考えなかったリスクマネジメントを行えるようになるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ