上場廃止になった銘柄は証券購入をすることができなくなる

東京証券取引所などに上場するには、いくつかの審査があります。誰でも簡単に入れる訳ではありません。ごく限られた優良企業しか入れないのです。投資家が自分の資産を投じることを考えるにあたり、やはり財務的にもクリアであり、将来性が見込める企業を選びたいはずです。

それなのに、あまり財務状況がよくないと言われる企業が入り込んでいたら、怖くて投資ができなくなります。

投資家の心理を考慮しても、財務状況はしっかりと考えておかなければならないでしょう。最初の考え云々だけではなく、投資家は、上場している企業であれば信頼できるという考えを無意識のうちに持っているものです。

そのため、厳しい審査を設けて、上場できるかどうかを検討しているのです。逆に上場された企業は体質が認められたということになるので、認知度は高くなります。上場を検討していた時は業績が良かったが、その後の低迷してくるケースはよくあります。

企業に対する審査は何回も執り行われますので、そこができなければ何も問題はありません。普段とは違い、この部分を考えることにより、いつも以上に投資における普遍的な考えを享受できるようになります。すなわち、最初から最後まで何でもできるような考えです。

投資家にとってそうやって考えられない場所、そして上場を維持する基準が備わっていない場合には、上場廃止になる可能性があります。そうなれば、当然投資をすることはできませんので、企業にとっては避けるべきことなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ