新規売りは決済売りと区別することで分かりやすくしている

信用取引には新規売りと決済売りがあります。新規売りとは、何も所持していないところから売りに出すという意味を持ちます。つまり、証券金融会社から証券を借りて、それを売ることを指しているのです。逆に決済売りは、空買いをして決済した場合に名付けられる場合が多いです。

これらは制度信用取引の場合は決済期限は6か月ですが、一般信用取引の場合は証券会社によって変わります。中には無期限というところもあります。保有を続けていき、十分に利益を出したときに返済という方法も可能なのです。

投資家は証券金融会社がある関係で、比較的投資を簡単に行えます。莫大な資金が必要な投資に関しては投資信託などもあるためで、新規売りは、そうした中において安定的に支持があるのです。普段からこの部分に関して、自分なりに行動できている場合においては、非常に有効的に活用できるでしょう。

その部分をしっかりと認識しておくことが重要になるのです。
投資家にとっては何も無いところからいきなり売りから入ることができるとは、考えられないでしょう。しかし、現実に、それが可能になってきているのです。

株や為替などにおいては、信用取引をしっかりと実践している人は多い傾向にあり、自分のお財布と相談して決めることができます。こういった臨機応変な行動を取れるので、ある意味しっかりとサポートを受けられるでしょう。ここは身体で覚える部分が多いので、繰り返し自分で確かめることが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ