新規買いは返済買いと間違えないようにするために付けられている

信用取引では、証券金融会社からお金を借りて証券を買い付けることが可能です。これを新規買いと呼び、この方法により、実際には資金が足りない場合においても、お金を借りることで株を買えるようになります。普段から株について考えている人にとっては、特段珍しいものではありません。

むしろ、普通に行われているようなものですので、新規買いをどのように考えるかによって、状況が変わってくるでしょう。投資家の心理としては、安く買い高く売ることを最大の目標としているものの、心理の中で感じ取ることは往々にしてありますが、一番良く言われているのが、相場の雰囲気を掴むということです。

この雰囲気をどのようにして感じるかはそれぞれです。投資家が新規買いに手を出す目的としては、まさにこのことが挙げられるでしょう。返済買いは普段そこまで引き起こされるものではありません。信用売りをしていたものを買い戻すことを返済買いと呼びます。

投資家としては、現物でも新規でもどちらでもあまり変化はありません。融資を受けて投資をするという概念がどうも邪魔をしてしまい、信用取引を好まない投資家も根強いです。その一方で、以前からある方法として、変わらずに利用している人もいます。

取引の中で何が一番大切なのかをしっかりと考えていかなければなりません。投資家と証券会社、そして証券金融会社の3つの利害が一致して、信用取引は行われています。ただし、最近は現物取引をする投資家が増えてきているので、信用取引そのものを行わない可能性もあるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ