新高値安値を知ることで相場の過熱感を得られる

株価はある一定期間の幅を取り、高値か安値かを判断する基準を作ります。これを作ることにより、その株価がどのような推移を辿っているのかを把握するのに役立てられているのです。そして、この考えを知ると、新高値安値の概念も感じられるようになるでしょう。

つまり、新高値がついた場合はその上は投資家にとって臆病になる領域となります。買われすぎるのか、もしくは警戒感から売りが入るのか分からない状態です。
こういった場合は市場心理として、さらに高く値段が動くと言われ、これを青空圏と呼んでいます。雲ひとつない青空のように、その上には何もない状態です。

一方、新安値を更新した場合には、割安感などが影響して下値は限定的になるケースが多いです。ここの状況を最適に判断することにより、より活発な投資活動を続けられるようになるでしょう。

普段は警戒感のみでしか、チャートを見ていない人にとっては、新高値安値は非常に不安な材料になる場合がほとんどです。そのため、この部分をしっかりと確認しておくのが重要になります。投資家の心理を上手に利用しないと投資の成功はありません。

資産運用は想像以上に長い戦いになり、この心理戦を制することが必要となります。普段から市場心理などを学んでいる場合には、高値や安値という場面でどのように株価が推移するのかを知ることはできます。しかし、不慣れな人はその場所で飛びつくのは控えたほうが良いとされているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ