信用管理料は建玉を管理するために発生する手数料のこと

信用取引においては、建玉を管理するために所定の手数料が別途発生する場合があり、これを信用管理料と呼んでいます。新規建約定日から1か月目の応当日を経過するたびに、1株につき10.8銭の手数料が発生し、10株であれば1円8銭、100株であれば18円、1000株であれば180円発生します。

これとは別に手数料があるので、信用取引にはいくつか別途料金が必要となり、使いすぎには注意しなければなりません。
投資家が保有している訳ではなく、証券金融会社などが持っていることになるので、その管理に経費が必要となります。

そのため、信用管理料が発生するという訳です。投資家は現物取引をする際にも、所定の証券会社から手数料を支払うことになるでしょう。1回1回の取引で貰う場合もあれば、2回や3回程度は無料で利用できる場所もあったりと、証券会社によって大きく変わります。

信用取引において考えておかなければならないのが、関連性です。何故それが必要かというと、普通に生活をしているだけでは、あまり関係の無い世界のことだと考えてしまいがちになるのが、投資業界です。一方で投資家であれば、信用取引にはどういったメリットがあり、そしてデメリットがあるかというのもある程度は把握できるでしょう。

良い意味でも悪い部分でも、信用取引は株価に大きな影響を与えると言われています。影響を与えるということをしっかりと把握しておくことにより、意味の無い考えなどを無くすことが可能となるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ