信用金利は証券会社によって異なるので確認が必要

信用金利とは、信用取引を行う場合に発生する手数料を指し、別の呼び方で、日歩とも呼んでいます。これは、空買いや空売りをした場合に発生するものです。信用取引は、何もないところから売買をします。これ行うには、どこかからお金または証券を借りる必要があるでしょう。

お金を借りることと同義ですので、手数料が別途発生します。
これは、消費者金融や銀行からお金を借りる場合を想像してみると、分かりやすいかもしれません。お金を借りる場合、そのお礼として借りたお金プラスアルファで、手数料を支払うことになります。

これを行うと、企業は利益を得られるので、利益という面での考えを前提にした行動が、とても大切になるでしょう。信用金利は、この仕組みと何ら変わることがありません。投資をするという目的で、お金や該当する銘柄を借りることができます。

借りた銘柄は、自由に売買できるので、何も持っていないにも関わらず、売りから入ることができるのです。この場合は、売り方金利が発生します。売買をどの向きで行ったにしろ、お金を借りていることには変わりありません。どちらにしろ手数料が発生するので、難しい問題になっていることがいえます。

どちらにしろ、証券会社によって金利は異なります。自分が信用取引をした場合には、どの程度の金利が発生するのかをまずは、把握するようにしましょう。そして、今後の行動に見合うのかどうか、よくよく確認することが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ