信用建余力を下回った場合は委託保証金として追加しなければならない

信用取引をする場合には、信用建余力である最低限必要な金額を用意しておかなければならないでしょう。これは投資家が渡す担保のような役割を担っています。相場の変動により価格は上下するので、損失が発生している場合には、維持することができません。

そのため、追加証拠金を入れないと建玉を維持させられなくなるのです。委託証拠金が33%を下回るような場合には、新規の注文をすることができません。

投資家は信用取引をする代わりに、担保を預ける必要があり、その証拠金は相場により変動するので、そのリスクをどこまで許容できるかを自らがしっかりと確認しておかなければなりません。

投資した資金においても考え方は変わります。33%が信用建余力となるので、100万円の投資資金を持っているときには、委託証拠金が30%の場合は100万円÷30%で、333万円の信用建余力となります。

ここを明確にしておくことにより、信用取引でどこまでを取引させられるのかを知ることができます。普段通りであれば問題はありませんが、もし違った取引をするとなると、対応させることが何よりも大事になります。投資家はリスクを覚悟して投資活動を行っています。

そのため、信用取引でも現物取引でもあまり関係はありません。ここをどこまで確認できるかが重要になります。
課題が無いわけではありません。投資家にとって手数料や証拠金は頭の痛い問題です。そして仕組みが複雑だと感じる人も少なくありません。ここの簡略化が求められいるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ