信用取引は投資をしたくても資金が足りない場合に利用される

株価は値上がりと値下がりを繰り返しながら、ある一定の方向へ進むと言われています。そのため、どうすれば利益を得ることができるのかといえば、安くかって高く売るという方法しかありません。しかし例外もあります。そこで、信用取引というものを考えから外すことはできないでしょう。

普段から信用取引という部分をしっかり把握すれば、さらに多くの必要な知識などを得られます。この取引は、消費者金融からお金を借りることと似ています。証券金融会社から、資金あるいは証券を借入でき、株価が値下がりの局面では、空売りができ、利益を出せます。

逆に、資金が足りずに投資できない場合には、資金を融資してもらい、投資が可能です。この部分に注目すると、手数料が多少高く発生しますが、狙い時に攻める場合には有効的です。基本的に投資は自己資本を利用して行うのが一般的です。

ただ、株投資に関してはあまりにも金額が高い商品で、狙いどころが大きい場合には、多少のリスクを覚悟した上でも攻めるケースが多いです。そして、そういった考えが広く浸透しているために、多くの投資家が信用取引に対して、何ら戸惑いを見せることはありません。空買いをするよりも、空売りをするほうが多いようです。

今回の取引に疑問を感じる人は多いかもしれません。しかし、信用の取引の部分を確実に認識しておかないと、いざ取引をしてみたいと考えた時に、何かしら空売りができない等の不備に直面する場合が多いかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ