信用倍率が分かると株価が将来どうなるかの動向が見えてくる

株式投資において、信用取引がもたらす株価への影響は年々大きくなる傾向があります。短期的には信用取引がとても意味を持つ場面は多く、利益拡大を目標にして投資をしているという点からも、信用取引に目がいくことは想像に難くないでしょう。

そのため、投資家の状況を把握することで、その株価が将来的に値上がりするのか、現状のまま推移を続けるのか、それとも値下がりをするのかある程度予想しています。そのことを、信用倍率と呼びます。

これは一般的に信用買い残が増加し、信用売り残が減少すると株価上昇局面になり、一方、その反対では株価下落局面へと差し掛かります。これらを組合わせると、どの方向への圧力が掛かっているのかを確認できるようになるのです。これは正直、簡単には発見できません。普段から株価や倍率を見ていくと把握できるでしょう。

相場に絶対はありません。何かしら原因が組み合わさることで、さまざまな現象が発生します。絶対は無いということに対してどの程度理解できるかにより、流れは大きく変わることになるでしょう。まずはその部分について確実に確認するのが重要です。投資家にとっては、圧力を知る重要な数字になります。

信用取引は短期的な株価に与える影響は大きいです。
その情報を味方できるようならば、取引をすんなりそして軽やかに進めるのは可能となるでしょう。しかし、そこをどのように捉えられるかを確認するのは大変なので、慣れが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ