ストップ高は相場の過熱感を抑える目的があり設定されている

相場の環境認識をしていく中で重要になるのが、「投資家心理」です。投資家がどのような状態で恐怖を覚え、どのような状況で投げ出したくなるのかを常に把握しておかなければなりません。そこを上手く利用すれば、多くの利益を出すことが可能となるでしょう。

その心理状態は、チャート上に表示されるローソク足で確認することが可能です。投資家の心理は一旦火が付いたら、拡大していくことが予想されています。すると、価格が一気にある方向へ突き進むことが指摘されているのです。

その方法として伝えられているのが、高値、安値警戒感です。ここを刺激されると、価格変化がかなりの量を一気に伝えられると考えられます。そうなると大変になるのが、株価です。株価の急変は企業にとってもあまりよろしくない問題です。

この部分を常に明確に考えていかなければ上手くはいきませんので、深刻な問題をもたらすことでも知られています。株価に値幅制限が掛からなければ、投資利益を大幅に増やすかあるいは減らすことが可能になると、常に言われています。これは投資家の資産を考えるならば、あまり歓迎できるものではありません。

普段から値幅制限という部分においては、何度でも議論をしていかなければならない部分でしょう。ストップ高は相場がこれ以上上昇しないように取り決めているものです。

このストッパーが無ければ、投資熱が加熱してしまい、投機筋が暗躍する可能性があります。すると投資そのものにギャンブルの要素が生まれてしまうので、防止するようにしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ