ストップ安を設けることで投資家の資産を保護する狙いがある

株価により値幅制限法が適用され、株価が1日に動く値幅が決まり、それを超える場合には、その株の取引が停止されます。これは、投資家の資産を保護するのが狙いで、ストップ安はまさにそうです。市場心理が大幅に崩れてしまう部分を上手く利用していることが挙げられます。

一気に値下がり傾向になると、歯止めが掛からなくなる可能性があるのです。
たった1日で資産が全て吹き飛ぶことも珍しくはありません。そこで、値幅制限をかけることにしています。これは国によって政策が変わり、日本の場合は投資家保護に重点を置いているので、制限をかけています。

この制限により、ある一定の秩序を保つことが可能です。ところがアメリカなど、値幅制限をかけていないところもあります。そういった場所では、一旦加熱したら歯止めが効かなくなってしまうのです。

投資家心理として、ある程度まで値上げや値下げが発生した場合には、共通の場所で上げ止まりや下げ止まりになる可能性があります。しかし、それがいつ発生するかなんて誰にも分かりません。そこまで資産が持つのであれば構いませんが、多くの人がロスカットをする可能性があるのです。

すると資金力が豊富な投資家が最終的に生き残り、より多くの利益を出すことができてしまうでしょう。

すると市場の安定には程遠い考えになるので、やはり値幅を制限させることは重要であると言われています。好況や不況時に発生しやすいことから、ボラティリティが高いか低いかにより変わってくるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ