制度信用取引は証券会社のお墨付きをもらった取引になる

株価は大きく変化することが考えられています。その中でも特に問題になるのが、信用取引です。短期的に見れば大きく株価を変動させるだけのパワーを持っており、この取引ををどこまで一生懸命に取り組むかによって、投資家の行動が変わってくるでしょう。

信用取引には二種類の方式があり、「一般信用取引」と「制度信用取引」といいます。中身はそこまで変わることはありませんが、銘柄に指定があるのです。
信用取引は一般的に、お金を借りて現在の資産以上のやり取りを指し、ここでいうお金には証券も含まれます。

つまり何も持っていない状態から売りに入ることもできる訳です。借りたお金は返さなければいけません。その時には当然ながら金利が発生します。金利が発生すると、返済するお金は増えていくでしょう。この点をしっかりと考えて投資していかなければなりません。

制度信用取引においては、選べる銘柄が決められています。これは証券会社の厳しい審査をクリアした、比較的信用することができる会社のみが選択できます。決済期限は6か月など、投資に関してルールが設定されているので、これは少し面倒だと感じるかもしれません。

ところがここを把握しなければ、何もかも上手くいくことができなくなるのです。また、金利が低いと言われています。ある程度信頼できる企業にだけ投資をすることが可能だからです。そのため、利用する投資家は多く、安定的な運用が何よりも魅力と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ