制度信用銘柄は指定されており信頼関係が強い銘柄と言われる

信用取引では基本的に銘柄を投資家が自由に選べます。しかし、その中の制度信用取引においては、銘柄が決められており、投資家が選べる銘柄が制限されているのです。これを制度信用銘柄と呼んでおり、誰でも指定されるわけではなく、厳しい基準をクリアした優良企業のみがピックアップされます。

そのため、この審査をクリアできるかで、企業から良い印象を受けることができるかどうかが変わってくるでしょう。
どのような審査になっているのかは秘密扱いです。基本的には証券会社によって変わり、採点方式になります。

合格点が用意されており、審査を上手に対応することができるようになります。制度信用取引を行うメリットは、金利が他の方法に比べて安い点にあります。これは企業が優良だと認められているので、その点においては信用できるからです。だからこそ、金利が安いのです。

安心してお金を貸せるということから、企業にとっても投資家にとっても有り難い制度です。ただ、決済期限が6か月と決められているので、やりにくい印象を持つ人は多いでしょう。そこで考えられているのが、投資家の心理面での問題です。この問題の克服により信用取引は、より大きな効果を持つことが期待されるでしょう。

銘柄が設定されたならば、投資家はその中から選びます。目的の銘柄が指定されているのであれば、信用取引をしてみても良いかもしれません。しかし、投資家にはそれなりのリスクが伴います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ