増配は配当が増えることを意味し業績が好調の表れ

株価は、ある一定の方向へ上下を繰り返しながら進むという傾向があり、現在どちらを向いているのかを把握するのが重要です。普段から値幅に対して考えられるようになるには、ある程度の経験と覚悟、そして考えを共有しておく必要があるでしょう。

投資家は売買差益である、キャピタルゲインを目当てに投資を行うのが圧倒的に多いです。そのほうが値幅を多く取ることができるからです。株券には、持っているだけで意味がある場合があります。そのうちのひとつが配当です。

これは1株あたり何円と決められているのですが、変動があり、業績がよければ投資家へ褒美として値づくことになります。もし業績が悪ければ配当が発生しない場合も考えられるでしょう。業績が良くて配当金額が増えることを増配と呼びます。

これは株価が継続的に値上がりを示す証拠にもなるので、そういった企業への投資はさらに熱を帯びるのです。普段からこういったことを考えて投資をする人はむしろ少ないでしょう。上記のようにキャピタルゲイン目当てではなく、少ない資金を回収するインカムゲインを目指すことができるからです。

少なくとも、この部分においては知識を共有しておかなければなりません。増配になればそれそれで嬉しいと感じる投資家は多いでしょう。それがさらにモチベーショにつながれば、何も言うことはありません。

普段から利益はどういった考えで行うのが有利なのかを把握しておく必要はあります。この部分を常に意識することにより、普段では考えられない方法で、利益を出せるようになるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ