減配は業績悪化により配当が減ることを意味している

企業の業績は、外部や内部の環境により大きく変わります。この部分は致し方ないところはあります。設備投資をして事業を拡大している最中は、すぐに成果が出るわけではありませんので、そのマイナス部分を本業の儲けから差し引くかたちになります。

そのため数字上では悪い数字が計上されるかもしれませんが、それは期待値として確認が可能です。普段から業績が悪化している点に対して、真剣に考えることができなければ、投資で利益は出せないでしょう。

そのため普段から市場に参加して考えてみることにより、投資家はどのような戦略と戦術を練られるかの判断が求められます。考えてみると、こういった部分的な判断というのは、簡単にできるものではありません。知っていることとやらないことでは、何もかも違うからです。

さて、株には配当というものがあります。業績が好調な場合には配当が高く付きます。つまり増配です。一方で業績が悪化し、配当にまで気が回らないとなると、配当金額が低くなり、減配になります。インカムゲイン目当てで投資をしている人にとっては、減らされることは利益の減少に繋がるので、できるだけ避けたいところです。

どこが好調でどこが不調なのかを判断するのは難しいでしょう。だからこそ、業績を常にチェックしなければなりません。それ以上に投資が難しいというのは、まさに未来の予測ができないというところに全てがあるように、多くの投資家は感じているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ