第三者割当増資は企業と関係の深い第三者から募集する増資計画

会社を経営していくには、何よりもお金が必要です。経費はもちろん、新規事業を立ち上げる場合には、多額の設備投資が必要になります。お金の管理について一生懸命考えることにより、普段では目にできないような流れを作れるようになります。ここを把握するのは何よりも大切です。

そして普段から知ることがより重要になるでしょう。
そこで企業はさらに投資増資を得る目的で、新株の発行をする場合があります。その時に、株主なのかどうかは別として、企業と繋がりの深い第三者から増資を依頼します。

そうすることで、お互いがwin-winの関係を構築できるためです。通常は時価で行われるのですが、株主総会において決議されれば、時価よりも安い有利な価格での取引が可能となります。

普段から時価よりも安く有利な価格での取引をするに該当する投資家は、そこまで多くはありません。多くは企業同士での依頼になるケースが多いです。業績が伸びればキャピタルゲインは高くなり、資産を投じた企業にもその恩恵が入るという理由があります。利害関係が一致したときに、第三者割当増資は行われる場合が多いのです。

こういったかたちで増資を行えば、企業はさらに成長させるために進んでいくと言われています。通常はこの問題に関しては頻繁に取り組みを強化させることはできていません。だからこそ、第三者割当増資をしっかりと行うことで、他の投資家にとっても株主にとっても良い影響を与えられるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ