貸借取引は信用取引でありお金を借りて投資をすること

国としては、企業が成長することが必要です。企業の業績に応じて景気は上下に振れます。企業としてはその問題について常に意識して議論していかなければなりません。そして企業の成長には投資家の活躍が必要不可欠です。資産を銀行などに貯蓄しておくことは、お金が何の役割も持たないので、あまり歓迎されません。

資産運用という名目で市場に投資資金として流用してくれるほうが、国としては有り難いわけです。そこで投資家は、さまざまな方法で投資ができるようになりました。その中でも特に多くの投資家が利用しているのが貸借取引です。

これは一般的には信用取引と呼ばれるもので、お金を借りることにより、現在保有している資産以上の資金を使って株の売買ができます。証券を借りることもできますので、本来は行えない「売り」から入ることも可能です。

この方法が確立してからは、投資を考える人が増えるようになりました。これは国としてはとても有り難いことでしょう。お金を借りてまで投資をする意味があるのかどうかは議論されていますが、短期の株価には大きく影響を与える存在にまでなりました。

不況時など株価が下落傾向にある場合にはその下落に拍車をかける恐れがあるので、注意が必要なものとなっています。貸借取引は内閣総理大臣から任命された証券金融会社が担当します。それだけお金に関することですから、シビアにならなければいけません。そういった意味では、信用取引とされるだけはあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ