代用掛目は委託証拠金とすることができる基準になるもの

信用取引をする場合には、委託証拠金を担保とされます。お金を借りて投資をするのですが、それを行うには代用掛目程度の金額が必要です。ただし、これは代用有価証券を委託証拠金にする場合にのみ必要になるものなので、その点をしっかりと把握しておきましょう。

基本的な考えとしては、日本の株式は80%が基準になります。
つまり100万円の株式であれば、80万円を委託証拠にできるということです。投資家はさまざまな方法で投資できます。

特に株式は投資信託や信用取引など、特殊な投資方法が確立されていることもありますので、投資家はどういった取引をすることができれば、自分に有利になるのかを必ず事前に把握しておく必要があるのです。

普段は聞きなれない言葉ですし、ややこしいルールや手数料などが発生する場合があるので、注意が必要です。その中でも信用取引はルールを破ると、売買が停止される可能性もあります。委託証拠金は、その金額を維持できなければ、追加金を提出する必要が出てきます。

つまり株価の変動により、必要な証拠金が減ることになるのです。これでは担保としての意味がありませんので、元の水準に戻るまで証拠金を満たさなければなりません。追加証拠金を入れなければならないというルールを知らなければ、取引をすることは難しくなるでしょう。

追加証拠金を特別にルールとして考えられれば、制度上何ら問題などが発生しないと理解することができるようになるでしょう。そこを把握しておくことが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ