立会時間中に基本的な取引は行われているので値動きは活発

立会時間とは株の取引時間のことです。普段からこの部分を意識できていれば何も問題はありません。日本では東京証券取引所は午前9時から午後3時まで取引ができ、午前を前場、午後を後場と呼び、午前の終値を引け、午後の取引の終わりを大引けと呼びます。

それに合わせて取引が活発になることもあるので、1日の値動きは上下を繰り返してある方向へ進むと言われています。値動きは上下に波を描きながら、本来進むべき道へ向うので、それを把握するのはとても大切で、普段から存分に意識することが非常に重要になるのですが、最近はここが変化しつつあります。

一般投資家で仕事を普段している人からすれば、取引時間帯は仕事をしている場合がほとんどです。そのため、取引に参加できない投資家が多いと言われています。これでは値動きをリアルタイムに判断をすることが難しいのです。

普段からこの部分において大きな展開を予想できるのであれば別ですが、それができない投資家は多いものです。そこで、現在夜間取引ができないかを検討しており、立会時間が変わる可能性が指摘されています。これは世界的に見ても初めての取り組みです。

ここをしっかりと判断することができれば、ひとつひとつの株価の流れを確かめられるようになるでしょう。投資が活発化すればそれだけ、資産運用を続けられます。値動きをリアルタイムで見ることができるようになれば、取引による判断材料が増えますので、今後の展開に注目されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ