建玉は未決済になっているものを指していることが多い

建玉とは、信用取引や日経225先物取引において、未決済になっているものを言います。つまり、信用買いや信用売りをした場合においてそこを重点的に判断することです。ここを把握できれば、今後の株価の動向を読んでいけるでしょう。

売り越しや買い越しをしている場合には、そのポジションの解消により価格が大きく変化するかもしれません。そのため、信用取引などは短期の株価に大きな影響力を持つでしょう。それも、現在保有している資産以上の資金を利用できるので、短期間での取引がとても重要になるのです。

建玉を持つと、今後の展開により考えを見直せるようになるので、この点をしっかりと認識することは大切で、投資家にとってもこの部分は非常に重要になります。
投資家は資産を投じて利益を出します。

保有し続けることも可能です。長期運用を行い、資産運用を確実なものにしていく投資方法が実は賢い方法だとも言われています。性質上、長期的な流れはノイズに左右されないので、堅実に推移することが予想されているからです。ここをしっかりと意識すれば、流れを大きく引き寄せることが可能となるのです。

部分的には簡単に行えないかもしれません。かなりの辛抱が必要になります。そのために、短期での取引にシフトしてしまう人がいるのですが、これはこれで仕方がありません。投資をビジネスと判断しているか、それともマネーゲームとして考えているのかは投資家が自分で考える必要があるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ