つなぎ売りで急落による損失を回避する方法

株を保有する場合は、どうしても利益を最大限に確保しようとして、株価相場が十分に動いた時を狙おうとしてしまいます。しかしそのような場合では、相場が反転して急落して利益が出ているはずが、いつのまにか損失が大きくなっていたということもあります。そのような急落による損失を回避するのが、つなぎ売りです。

つなぎ売りは、急落すると思われる相場に遭遇した場日に、保有している銘柄を信用取引で売建てます。これによって株価が下落していったら、買い戻して利益を得ることが出来ます。逆に、値上がりしていった場合は、現物の株を処分すれば損失を防ぐことが可能です。

この手法は空売りと似ていますが、買いで返済しか出来ない空売りとの違いがあります。このような方法を取らずにも、一度売って安値でもう一度買い戻せば良いと思われるかもしれませんが、特に低い買値の株を保有している場合などは、手放して再度高値で買わなければいけないというデメリットも避けることが出来ます。

現物がそのまま残っているというメリットがあり、これには無理に売買をせずに、心理的にも負担を少なくしてくれるでしょう。

つなぎ売りをするには、何も持っている株数と同数を取引しなければならないというわけでありません。急落する可能性は高いけど自信はないという場合には、現物の半分だけをつなぐということでも良いのです。さらには、保有する銘柄と違う株を買ってつなぐという方法もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ