TOBで株式を取得する場合の方法とメリットとデメリット

TOBはTakeOverBidの略語であり、日本語では株式公開買付といいます。これはその名の通り、目的の株を取得する為に買い付け内容を公開して、証券取引所を仲介しないで不特定多数の人々から買い付ける方法です。

この方法では、買い付けする株数と一株の価格を宣言します。この時の株価は、市場で取引されている値段よりも高い値段の、プレミアム株価で買い付けすると宣言します。こうすることで、投資家は取引所で売るよりもプレミアム株価で売った方が得と判断して、より多くの株式をTOB宣言者は獲得出来ます。

買取金額の予想が出来、一定の株数を取得出来るというメリットがあり、予定数株が集まらなかったときは、TOBを取り消すことも出来ます。ただし買い付けすると宣言するので、対象となった企業に防衛策を取られてしまうというデメリットがあります。

大量の株式を取得するのは企業と共同経営する場合と、相手の会社を買収する場合の2通りあります。買収する場合は敵対的買収になり、株式の1/3を取得すれば株主総会での特別決議の拒否権が得られ、その会社の経営に関わっていくことが出来るようになります。

敵対的買収が行われるときには、企業側は対抗策として、第三者に株式を大量に売る、発行株式数を増やして、相手に1/3以上の株を取得されないようにするという方法があります。企業が対抗策を行うと、相手との攻防が始まり、相場は不安定になって急落や急騰などの動きを見せるときもあるので、投資家は注意が必要でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ