特定口座年間取引報告書で株式の簡易申告をする

証券会社で特定口座を開設すると、株式の売買損益は証券会社がお客に代わって計算をしてくれます。この年間の売買損益を記載したものを特定口座年間取引報告書と言い、この書類を使えば確定申告時に簡易申告が出来ます。

特定口座は、証券会社が利益に応じて源泉徴収を行い確定申告が不要となる源泉徴収あり口座と、逆に自分で確定申告を行う源泉徴収なし口座もあり、株での年間利益が20万円以下の場合は確定申告の必要がないので、こちらにした方が良いです。

源泉徴収あり口座にして確定申告をすると、払った分の税金が戻ってくることがある、株式で損失が出た場合には、その損失を最大3年間繰り越すことが出来るというメリットがありますが、株での利益も収入と見られますので、国民健康保険などの税金の負担が増えるというデメリットはあります。

特定口座の注意点として、管理する損益は1月1日から12月31日までであり、約定日ではなく譲渡日を基準として計算します。買い付けが先に来て、その後売却されたものとして全ての銘柄を処理します。

同一銘柄を何度も売買行った場合は、平均を出して計算し、外国株式の売買を行っている場合は、円に換算して計算しましょう。源泉徴収ありなしは変更も可能ですが、変更できるタイミングはとても限られており、1月1日移行の株式の返済を行う前までに変更しないといけません。それ以降に変更の届け出をすると、適用は来年になるので気をつける必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ