取組みに見る株式銘柄の人気度合いや需要関係

取組みというのは信用取引や先物取引で使われる用語で、売買での買いと売りの残高の関係の事であり、これは将来の株価を予測するのに役立つものです。この取組みを見ることによって、その株式銘柄の人気度合いや需要関係を考えることが出来るようになってきます。

使用取引では、現物取引と違い短期間での決済を行うことを前提として売買が行われます。信用買いは売りを、信用売りは買いを前提とした売買です。信用取引は株を借りて売買を行っていることなので、金利や手数料がかかります。

このために長く持てば持つほど、金利や手数料がかかって損益が大きくなる可能性があるために、使用取引は短期決済が行われるのがほとんどです。
さて、信用取引の取り組みでは、買い残高と売り残高を比べ、その数量と移り変わりから銘柄の人気や需要関係を見るときに使います。

通常の銘柄では、売り残高より買い残高の状態が一般的であり、これを元に需要関係を見ます。

信用取り組みにおいて
悪化した状態は、買い残高が多く、売り残高が少ない状態のとき、
好転したときは、買い残高が少なくなり、相場の上蓋が軽くなったことを意味し、
厚みを増すのは、買い残高と売り残高が増加して人気が集中、
相場が動くのが、買い残高と売り残高が接近して相場が佳境に入ってきた状態。
このように見ます。

この状態を見ることで、売りが増えて更には下がってきた相場を狙えば利益が出せる、などといったように、その銘柄を買うのか売るのかの指標にすることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ