投げを最小限にして株式取引での損失を少なくする

保有しているポジションを、損失が出るのを覚悟で売るのが投げと言います。含み損が大きくなったときに売買して損失を食い止めるのが損切りですが、多くの場合には、ただ損失に堪えられないので闇雲に売るという場合が多いです。

例えば、上昇している銘柄をついつい勢いで買ったけど、買ったとたんに相場が反転していきポジションを持つのに堪えられなくなる、利益が出ているけどもう少し利益が出るまで待とうと思ったとたんに相場が反転して損失がどんどん大きくなる。このような売買を行って損切りをするのは、ただの投げになってしまいます。

これらの売買の問題点は、計画性がなくリスクを管理していないという点です。自分の受け入れられる損失をどれぐらいにするか決めていない、撤退時のレートを決めかねる、損失が出たときにどうするか対応を考えていない。

このようなことを行うのは良くありません。更には、資金が足りなくなったら追加資金をどんどん投入する、含み損は決済しなければ損失だとは思っていない、などのことは最悪の状態です。ここまでくるとたいへん危険な状態であり、日常への影響も出るかもしれません。

さて、出来るだけ投げを行わないようにするために大事なことは、まずは相場が想定した通りに動いたら機械的に決済をする、もう少し利益を掴もうという欲は出さないことです。相場は自分の思い通りに動かないこともあるので、損切りを行うときは迷わず潔く行うことも大切でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ