二階建てで信用取引をする際の危険なリスク

信用取引では、株取引で購入した銘柄の現物株を担保にして、さらに同じ銘柄を購入する方法を信用二階建てと言います。取引での委託保証金は通常は現金で支払いますが、この場合は購入した株を現金と見なして支払います。

さらに、目一杯株を購入することになるので、利益が大きくなるというメリットがありますが、少しの株価変動でも損益が出やすいというデメリットもあります。
一つのリスクとしては、追証が発生しやすいということでしょう。たとえばある銘柄を購入して、それを担保に同じ銘柄を買えるだけ買うとします。

その銘柄の株価が下がり損失が拡大した場合は、担保にしている株の価値も大幅に減っていくために追証が発生しますが、すでに余力資金はないために、追加の保証金は支払えずに強制決済となり、残るのは借金だけということになります。

もう一つのリスクとしては、レバレッジが高いという点です。投資金額に対して2倍のレバレッジではなく、3倍以上のレバレッジをかけられることになり、そのために株価変動による損益も大きくなります。信用二階建ての取引は、原則として確かな自信がない限りは行うべき方法ではなく、初心者などは手を出すべきものではないでしょう。

さらには、借金をして現物株を購入する信用三階建てという取引方法もありますが、これは投資と言うよりは、無謀か投機という部類の方法になるので、絶対にやるべきではありません。投資では、資金がなくなって相場から退場しては終わりです。そうならないようにリスク管理をしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ