日証金の業務内容と証券会社への貸付け方法

日証金は日本証券金融株式会社の略称であり、1927年に設立されました。元は東京証券という名前でしたが、後に現在の名前になりました。証券会社に資金の貸付けを行うなどの業務を行っているところです。

貸付け業務では、投資家は買い付け資金などを借り入れる際の資金を証券会社から借り入れますが、その貸付けの為の資金を証券会社に貸し付けるのが主要な業務です。債券貸借取引業務とは、国籍や債券の取引をする金融機関や証券会社との仲介を行う業務です。

これらの取引がスムーズに行われるように仲介して、必要な債券をすぐに用意したりします。証券担保ローン業務は、株式や債券を担保にして個人投資家や法人へ資金を融資する業務です。金融機関の貸付け業務と似たような業務であり、一番身近な業務と言えます。

金融法人営業業務は、その名の通り金融機関に営業に行く業務です。資金調達のニーズに応えるためにさまざまな枠組みを持ち、外資系金融機関への貸付けにも対応しています。また、急な資金が必要となった場合の受け皿となるという役割ももっています。

資金調達業務では、貸借取引や融資に必要な資金を調達する業務であり、コスト削減を図るべく、利率や最適な資金量を予測しています。国債担保の管理や、日証金の資金のバランスを取るという役目も担っています。このような業務があり、証券会社や金融機関やさらには一般投資家まで幅広く対応しており、資金の貸付け業務が主要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ