発行市場で新たな株式などの証券の出資者を募集する

企業や国などから発行される株式や債券を、投資家が購入するところを発行市場と言い、新規に株式や社債や国債を売買する場所です。市場と名はついていいますが、特にその株式などを売買する場所が存在するわけでなく、一つの考えかたといえます。

発行側の企業や国にとっては、資金調達の場所であると共に、購入する側の投資家にとっては新たな資金を運用する場所です。ここで、企業が調達資金を設備投資などの事業投資に使うことになります。この場所で売買した銘柄は借金でないので、返済も必要なく、利息もかからないというメリットがあります。

発行市場が利用されるのは、株式なら新規上場の企業の銘柄の売り出しや、上場企業の増資の際の株式の発行などです。この際の銘柄の価格は、発行する側の企業と仲介する証券会社で決められ、決定した価格が証券会社から投資家へ売買されます。

投資家がこのような銘柄を購入するには、証券会社のサイトを見ます。IPOといわれる新規公開株や社債の募集などが行われることがあり、証券会社に口座を開設すると、このような情報を手に入れて購入することが出来ます。

発行市場で購入した銘柄は、購入者の投資家が自由に売却することができ、その売却する場所を流通市場と言い、証券取引所が流通市場の主な場所になり、証券会社を通して売買を行っていくことになります。このような形で、株が新たに売買されてから投資家に購入され、それが流通市場で自由に売買されて投資家の間を渡り歩いていくのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ