反対売買によって信用取引で得た株を返済する

信用取引では、現物株の売買と違い取引では証券会社から株式を借りて売り買いします。信用買いの場合と信用売りの場合があり、どちらも証券会社から借りているという状態なので、必ず近いうちに借りたものは返済する必要があるのです。

売買の期限は決められており、いつまでも保有しておくということは出来ないので、その期限まで損失があっても売買しなければなりません。このときの売買を反対売買といい、信用取引時のポジションと反対の取引、買った場合は売る、売った場合は買うという方法で決済することを言い、決済するまでは含み損や含み益がある状態になっていりるのです。

返済の方法には2種類あり、反対売買と現物株によるものです。信用買いでは、建玉と反対の売りによって、もう一つの方法では、株式は売らずに、取引額と同じだけの金額を証券会社に渡して担保を引き取って返済する方法になります。

信用売りでは、建玉と反対の買いによって返済する方法と、建玉と同じ銘柄を持っていれば現物株を証券会社に差し出すことで返済するという方法があります。
もちろん、売りでも買いでの返済でもこのときに損失が出ていれば、そのまま損失になり、現物株のように塩漬けするという事は出来ません。

このように信用取引では現物株やお金による返済もありますが、これは反対売買とは言わず、一定の期日で売り買いしなければいけない信用取引の他に、同じように期日のある先物でも使われる方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ