PBRを使用して割安な株を探し出して投資する

PBRというのは株価純資産倍率と言われ、企業の純資産と銘柄の関係を示したものです。割安なものを探すときの目安にされる数値であり、純資産から見たその企業の銘柄が割安かどうかわかります。割安なものを見るときには、この数値が低いかどうかで判断し、低ければ低いほど割安と言えるのです。

PBRの計算方法は、株価÷1株の資本で計算します。一つの資本は資本÷発行済の数で計算し、これらの数値を使用すると株価純資産倍率が求められます。株価が分子であり、資本が分母になっていますので、銘柄が下がったり資本が上がったりすれば、この数値は低くなっていき、その銘柄がどんどん割安になっていくのです。

評価基準は、PBR=1倍というのが基準になります。理論上は1倍以下には下回らないとされていますが、1以下の会社の銘柄は極めて割安であると言えます。また、1倍に近づけば近づくほど、相場での銘柄の値は底値に近づいていくことになるのです。

もしもこの数値が1以下の会社が解散すれば、投資家が持ち株数に応じて資本を受け取る事が出来るので、投資家に利益が出ます。そのために、業績や会社の成長率が良いのに、株価純資産倍率が低いという会社は、投資家が解散する時のことを考えて買うので支えられることが多いです。

価格は必ずしもあるべき値で落ち着いているわけではなく、そのために割安なものが生まれてきて、そしてその安い銘柄を探すのに使えるのがこの数値なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ