PERを使ってその業界での割安株を探しだす

PERとは株価収益率と言い、企業の利益とその会社の銘柄の関係を示しており、この数値が低ければ低いほど、その銘柄の価格は割安の可能性が出てきます。株価収益率を求めるには、時価総額÷その企業の純利益で求められ、時価総額は株価÷その企業の発行済株式数で求めることが出来るのです。

計算式から求められた数値は、銘柄がその企業の純利益の何倍まで一株あたり買われているかということがわかります。PERは株価が下がれば下がり、上がれば逆に上がります。また純利益に注目してみると、純利益が増えれば上がり、減れば下がるということがわかります。

投資の中では、その銘柄の企業の過去と現在の株価収益率を比べる、同業種の中で比較するという使い方が出来、その企業が割安なのか、業界の中では割安なのかということがわかるのです。

このPERは市場でどの銘柄でも同じように見ることは出来ず、業種によって異なってきます。業種によって成長性や安定性に違いが出てくるので、数値が同じでもどの銘柄でも一概に同じと見ることは出来ないため、特に成長スピードの早いIT関連銘柄は、この数値がとても高いところもあります。

数値が高すぎれば成長が追いついていないということもあるので、価格が急落することもあり、注意が必要です。投資の中では、収益率が低いから割安だとは一概に言えず、他の指標も参考にして、色々な指標を使って総合的な視点からから判断することが大切になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ