引け成りで株式市場で注文する際の注意すること

引けとは、株式市場での終値が決定される時の最終売買のことを言い、単に終値のことを言うこともあります。ここで成行注文を出せば終値で注文が通ることになり、通常の成行注文は取引の間なら、注文を出して売買の相手がいればすぐに約定されることになります。

しかし引けでの成行注文は、終値が形成されるときに売買が行われることになり、出来高と注文の数が同じぐらいであれば約定しますが、約定しないこともあるので気をつけてください。

通常であればほとんど約定しますが、出来高が少ない株式銘柄や、株価の動きが極端に激しい時などは売買が成立しないということが起こります。約定しなければ注文自体が無効となってしまい、売買したい場合はもう一度注文しないといけません。

激しく動く相場で引けの成行注文は、株価が大きく動いて自分の注文の価格よりも大きく買いか売りの方向に偏って売買が成立してしまい、注文よりも大幅に差が出て約定されてしまうことでしょう。

予期せぬ方向に株価が動いて、大幅に高い値で買ってしまったということも起こりますが、逆に思ったよりも安価で買えて得をするということも起きることがあります。

つまり、終値は蓋を開けてみないとわからないということなのです。直前の株価から一気に価格が激しく動いて、注文が飛ぶこともあり得ます。終値で売買したいという場合には便利な方法ですが、思った通りに売買出来ないこともあるということを認識しておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ