日計り商いで同じ銘柄を何度も買う場合の注意点

日計り商いとは、株式取引でその日に買った株をその日のうちに売ること、信用取引で同じようにその日に売った株を買い戻すような売買の事をいい、この取引方法で利益を上げるトレード方法をデイトレードと言います。

このトレード方法は、1日のうちに同じ株を何度も売買する場合で、大きく相場が動く株を何度も売買すれば、利益を短期間で積み上げることが出来ますが、これには注意が必要です。

たとえば、取引用の資金が証券会社に50万円あるとします。このときにAという銘柄を20万で買ったとしましょう。この時点で自分の投資に使える現金は30万になります。次にこの買った銘柄を25万円で売ると、資金は55万円に増えます。このことは普通の株式取引であり、なんら問題点はありません。

次に同じAをもう一度購入するとしましょう。すでにこの銘柄を買うために20万円資金を使ったので、同じ日にAという同じ銘柄を購入するのに使える資金は30万円しかないことになります。つまりは売却して得た資金は、同じ銘柄を買うための元手としては使えないのです。

Aを同じように同じ量だけ購入することは可能ですが、欲を出して2倍の量の40万円分購入しようとすると、たとえ証券街社内に資金が55万円あったとしても購入できません。他の銘柄を購入する場合は全額を使用できますが、このように同じ銘柄を何度も売買するには、最初にもっている資金ないでしか出来ないということです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ