ファイナンスで資金調達して企業運営を円滑にする

起業するにしても、その後の会社経営を維持していくにしても、運営を行っていくためにはそのためのお金が必要になってきます。このお金を調達する方法がファイナンスということであり、一言で資金調達と言っても色々な手段があります。一番確実なのが、金融機関からの借入による資金調達です。

調達のために担保を用意すると、会社への融資は容易になり、公的機関を利用すれば担保無しでも事業のお金を借りられる場合もあるでしょう。
しかし、なにも融資だけが調達の手段ではありませんから、企業の状況に応じてその時々で方法を変えて、柔軟に対応する必要があります。

莫大なお金が必要になれば、中小企業なら融資だけでは足りないかもしれません。その時に応じて資金調達方法を変えていくことで、企業の運営を円滑にすることができるのです。たとえば株式や社債による方法、借入による方法、投資家から直接資金を得る方法など様々な方法が選択できます。

ただし、中小企業やベンチャー企業だと、信頼性の問題から借入か株式や社債の発行での資金調達の2つに限られてしまいます。
極端な話を書けば、会社運営で最も重要なことは資金繰りです、これさえ上手くいけば会社は倒産することはありません。

たとえ赤字であっても今月お金を用意して乗り越えられるなら、今月は大丈夫なのです。そのためにも、資金の使用用途を明確にしておいて、どれぐらいお金が必要なのかを把握して、いくら用意すれば会社運営が出来るのか知るのも重要なことでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ