VWAPでデイトレードでの売買の節目を見つける

VWAPとはVolumeWeightedAveragePriceの略であり、日本語にすると売買高加重平均価格ということになります。これは、売買が成立した値と売買が成立した株数をかけて、出来高で割れば数値が求められます。この数値は、売買時の目標値や売買のタイミング、相場の変化を知るのに使います。

株価がこの数値より上にあれば、今日の売買した投資家全員の損益はプラスになっているということであり、下にあれば逆にマイナスになっているということです。デイトレーダーにとっては上の状態であり、更に前日でも利益が出ているという場合には、今後も堅調に利益を確保しやすくなっている状態であると言えます。

この数値が株価より低いときには、処分売りが発生しやすいので、株価はどんどん下がっていくでしょう。VWAPの役割としては、チャート上に示すと株価と密接に関係して反発したり急落したりすることがあるので、支持線や抵抗線というテクニカルとして使えるという側面もあります。

これをテクニカルとして使えば、株価がVWAPより上の値にあった場合に、下げてきたとしても反発することが多くある、下にあれば値が上昇していても途中で上げ止まりしてしまうことも多くあるという風に、抵抗線や支持線として読み取れることがあるのです。

さらには売買高加重平均価格の値は一つの目安なので、株価がこの値を突き抜ける、突き下げた場合は一つの節目であるとも言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ