ヘッジによってリスクを管理して損失を抑える

ヘッジというのはリスク回避という意味であり、正確にはリスクヘッジと言葉の方が一般的には使われています。株投資でも、このリスクの回避というのがとても重要になり、リスクを回避できなければ損失が大きくなり、相場から退場、最悪の場合には借金を作ってしまうことにもなります。

ヘッジの方法にはいくつかあり、もっとも一般的でよく使われるのがロスカットと呼ばれ、損切りとも言います。これはあらかじめどれだけ損失が出たら持っている株を手放すかを決めておく方法であり、買値より数%やいくら下がったら売るというように決めておきます。

これにより、それ以上値が下がり損失がみるみる増えていくのを防ぐことが出来ます。分散投資という方法もあります。これは投資金を一つの銘柄に全部つぎこむのではなく、資金をいくつかにわけて、複数の銘柄を買うことです。

こうすることで一つの銘柄が下がって損失になっても、他の銘柄で利益を出せば損失をカバー出来ます。投資の世界では分散投資は一般的なリスク回避の方法になっています。

日経平均先物やオプションのデリバティブ取引は、もともとリスクヘッジのために開発された取引方法であり、先物を売って相場の下落を回避するという目的があります。

このようにいくつかのリスク回避方法はありますが、一番の方法は資金に余裕を持たせるということでしょう。そうすれば、仮に損失を被って資金が減ってしまっても、生活に困ることは起こらないはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ