返済による買いと売りのよる信用取引の決済方法

信用取引とは、自分の信用を元に持っている資金よりもはるかに多くの株取引が出来る方法です。その中で何を信用にして株取引を行うかは、資金や株式を担保にして証券会社からお金を借りることで、株の信用取引が出来ます。ただし借りている状態なので、いつかは返さなくてはならず、返す期限も決まっています。

信用取引では持っている資金以上の取引が出来るので、利益が出れば通常の現物株の取引よりも多くの利益が出せますが、損失も同じく通常より多くなります。空売りという、株を売ってから買うことで利益を出すという方法もありますが、株を買う場合でも売る場合でも、どちらでも必ず返さなければなりません。

買いでポジションを持った場合には、返済売りという方法で返済します。買った株券を売って返す方法です。また現引きという、買った株券分のお金を支払うかたちで返す方法もあります。お金を支払うのですが、これで返したことになるのです。

逆の売りでポジションを持った場合には、売った分の株券を買い戻すことで返す返済買いという方法があります。もう一つの方法として、現渡しという売りポジションと同銘柄の株を購入して、株で返すという方法もあります。

借りたものは必ず返さなければならず、信用取引でも基本的に6ヶ月以内に返さないといけません。借りているので、持っていれば金利も発生します。さらに相場が崩れて損失が出れば、追証という追加での保証金も発生することもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ