陽線と陰線というローソク足のチャートの見方

株取引を行うには株価の動きを知ることが重要になり、それには動きをグラフ化したものがあれば見やすいです。その中で一番良く使われるグラフが、ローソク足です。これは株価の一定の期間、1日や1週間や1ヶ月の動きを白と黒の棒で表わしたものであり、ローソクに似ているのでそう呼ばれています。

ローソク足では、その期間の始値と終値、最も高い値の高値と安い値の安値を表わしています。このグラフには、白い棒の陽線と黒い棒の陰線があります。その期間の始値よりも終値が高ければ陽線、その期間の始値よりも終値が安ければ陰線となります。

白と黒で表わされるので、昨日と今日などのように比較して、値が上がったのか下がったのかが一目でわかります。さらにその期間の高値をローソク足に一本の線で書いて上ヒゲ、安値を下ヒゲと言って付け加えます。

つまりはローソク足を見るだけで、値が上がったのか下がったか、高値はどれぐらいか、安値はどれぐらいかという4つの情報を見ることが出来るのです。
ローソク足を見れば、投資家の心理も読み取れてきます。急激な高値が付いていれば上ヒゲが伸びますし、逆の急激な安値では下ヒゲが伸びます。

株価が上がりそうだという情報が出れば上ヒゲが伸びますが、すぐに株価が下落したりして、投資家が焦りによって株を買ったなどといったように見ることが出来るのです。株式投資を行うにはローソク足は最も有名なチャートであり、是非とも見方をすぐに身につけておくべきです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ