四本値を見ることによって投資家の心理を読み取る

相場の動きを、1日や1週間などの区間で区切って表わしたチャートがローソク足であり、日本でもっともよく使われているチャートです。白と黒の棒で表わされており、その区間の中に始値、終値、高値、安値の4つの株価が表わされており、4つ値があることから四本値と言われています。

ローソク足では、始値と終値を結んで胴体と呼ばれており、黒か白の長方形で表わされており、胴体の上に高値を付け足し、下には安値を付け足して表現されます。この胴体から飛び出ている部分を、ヒゲと言います。始値より終値の方が高ければ胴体を白く、逆に始値よりも終値の方が低ければ胴体を黒く表わします。

これによって株価が上がったのか下がったのかが、ローソク足を見るだけでわかるのです。ローソク足を見ると株価の動きだけではなく、投資家の心理状態も見えてきます。始値は投資家が市場が始まる前に慎重に考えて売買したために付いた値であり、終値は投資家が売買しながら付けていった値です。

1日のうちで瞬間的に高値を更新すればローソク足には高値のヒゲが付きますが、それは終値まで保つことが出来なければ、投資家の動揺やその他の情報によって、揺さぶられて付いた値であると読み取ることが出来るのです。

投資家の心理を見るなら、その銘柄の出来高は多い方が良いです。出来高が多ければ多いほど、多くの投資家の動きによって相場の値が形成されており、相場全体の心理状況に近い動きをするようになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ