両建てでポジションを同時に持ってリスクヘッジ

FXで取引を行う場合は、通常は買いか売りのどちらかのポジションを持ちます。しかし、その2つを同時に持つ両建てという取引方法があります。これは同一の通貨ペアの買いと売りのポジションを同通貨分持つという方法で、買いと売りを一緒に行うものです。

両建てを行う場合は、損失防止のためのリスクヘッジとして行うケースが多いです。相場はどちらかに動くか予測は出来ても難しいものであり、例えば買いと売りのポジションを持って、値が上がっていけば買いポジションを売って利益を出し、値が売りポジションでも利益が出るまで待つようにするのです。

しかしながら、この売買方法はとても難しいものです。一方向に動いた相場がまた元に戻ってくることが無ければ、買いか売りのどちらかのポジションの損失が膨らんでいくだけです。結局は損失と利益が相殺されて、ほとんど儲けがないこともよくあります。

また損切りをするタイミングを逃してしまって、どんどん損失だけを膨らましていくこともあります。損失が出たら潔く損切りして、すぐに新しいポジションを持つ、このような取引の方が精神的には楽かもしれません。

デメリットもいくつかあります。売りと買いで同じ証拠金が必要になり、証拠金が足りなくなる、手数料が2倍かかってスプレッドが2倍になる、スワップポイントが相殺されてゼロになるということがあります。また、FX業者では明確に両建てを禁止しているところもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ