連結決算でそのグループ会社全体の経済状況を見る

連結決算というのは、親会社のほかに、関連会社や子会社などを含めたグループ全体の事業状況や、財務状況を反映した決算のことを言います。独立している関連企業や子会社を全体で同じ単一の企業とみなして、総合的に経済状況を報告するので、グループ全体の財務状況などを把握するのに適しています。

対象となるのは本部の会社の他に、資本や経営面で関連のある会社や関連会社などです。親会社からの出資比率が20%~50%の関連する会社の利益も、この決済時に報告されます。たとえ傘下の企業などの決済日がそれぞれ違っていても、親会社のそれに基づいて行われ、子会社も親会社の日にあわせて仮決済するのです。

昔は単独決済が中心でしたが、最近ではこのようグループ全体を一つにした連結決済が中心になっています。グループ企業全体の経営状況を明確にしやすいというメリットがあり、単独決済よりも企業内の実態を把握しやすいです。

本社と子会社の間で取引が多い場合には、どちらの方法でも数値の違いは少ないですが、逆に取引が少ない場合は数値に大きな違いがある場合があります。
決済にあたっては、まずは連結財務諸表を作成します。

傘下の企業などから作成に必要な情報を集めて、次に親会社の財務諸表と子会社の財務諸表を合わせます。親会社の投資額やグループ企業全体の債務や取引残高の消去など、投資した金額や損失になった金額などを相殺して、親会社と子会社間のお金の流れを整理して、連結財務諸表が作成されるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ