一部繰り上げ返済で融資金を繰り上げて返済

金融機関からお金を借りる場合は、通常は融資額に対して毎月いくらという決まった金額を返していきます。しかしその金額とは別に、いくらかのお金を追加で返していくことを一部繰り上げ返済と言います。

この方法には期間短縮型と返済額軽減型という2種類があり、返す期限や利息を減らすして負担を少なくするという効果があるのです。
返済額軽減型の場合には、借入れ期間の間にいくらかまとまった金額を返すことで期間を短くします。

この方法の場合にも同じように、期限中にいくらかまとまった金額を返すことで毎月の額を減らします。どちらも同じように見えますが、期間を短くするか金額を減らすかで違います。利息を減らしたいなら、返済額軽減型にした方が良いです。

繰り上げ返済を行うなら、借入を行ってから早い時期から一部の金額をまとめてこまめに返した方が利息を減らせます。もちろん生活費は大切なので、余裕資金のなかで計画を立てて無理なく行うべきです。自分の収入が増えたときや、まとまってお金が用意できたとき、家計に余裕が出来たときなどに、この方法を利用すると良いでしょう。

実際に一部繰り上げ返済を行うときは、事前に金融機関に申し出ることになります。繰り上げ返済の金額は100万円以上からなど、金融機関によって条件が違うので、確認が必要です。また、この方法で開始するのに手数料も掛かってきますので、返す場合は通常の場合と同じように口座に入金して返す形になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ