借り換えによって住宅ローンを賢く返済する

家を建てて住宅ローンを組んで毎月返済していても、年月が経てば組み込んだ住宅ローンよりも金利などで有利な商品が登場します。数十年と返済すれば、少しの金利の差でも数百万円の差になります。当然有利な方に切り替えたいと思う人も出てくるでしょう。そのようなときに使うのが、借り換えです。

今の借入れプランから固定金利のものにする、金利を今より有利な低いものにするなどが出来ます。新しい商品に変える場合は、同じ金融機関の商品での借り換えは出来ません。新たな金融機関で今の残高を、次に組み込む住宅ローンの返済にあてて住宅ローンを変えることになります。

借り換えには当然審査があり、年収や住宅の価値や健康状態や年齢も見られ、年収証明書や謄本も必要になります。保険料や手数料などの費用や、抵当権の付け替え費用など、まとまったお金も必要です。

手続きは大変そうに見えますが、自分の資金を減らすことなく返済額を少なくする効果が期待できます。ただし複数の銀行などから住宅ローンを組んでいたときには、すべてをあわせて借り換えを行うことになり、どれか一つだけのローンを変えることは出来ません。

金利上昇が心配で将来負担になりそうだ、毎月の返済が負担になっている、残高を少しでも少なくしたい、このような人は検討すべきでしょう。住宅ローンを変更するなら、金利が低く長期的に借入できるものに変更した方が良いです。早めに行った方が、返済額も多く減らすことが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ